CurioStation Okayama

学校教育の変化

小学校3年生・4年生では

義務教育にプログラミング過程が組み込まれるとか、試験制度も応用力を問う内容になるとか、いろいろ変化しています。

岡山市のこども英会話・英語教室「先生3」イメージ

「聞く」「話す」が中心
2018年、2019年度は移行処置として、年15コマ、2020年度からは、外国語活動として年35コマに
外国語活動では、「聞く」「話す」ことを通じて英語になれ親しんでコミュニケーションを図る素地を育成することを目標とされています。
まずは、慣れ親しむことからです。

 

学校により授業内容・習熟度にバラツキも?
各小学校の裁量次第ということもあり、各学校にまかされてる状態です。
これまで小5・6年生で実施されてきた外国語活動ですが、内容、習熟度にもバラツキがあるみたいです。

岡山市のこども英語教室への体験予約

体験予約

小学校5年生・6年生では

岡山市のこども英会話・英語教室「会話」する少女

「聞く」「話す」に「読む」「書く」も
2018年、2019年度は移行処置として、年50コマ、2020年度からは、外国語科目として年70コマに
「英語に親しむ」から「英語の基本的なスキルを育てる」に目標が変わります。
「聞く」「話す」「読む」「書く」といった4技能となり、評価対象となります。

 

英語にふれる機会が増える
授業を実施するにあたりネイティブスピーカーや英語が堪能な人材など協力を得るなど指導体制も重要となってきます。
コマ数も増えるので、英語にふれる機会も増えていくことでしょう。

 

岡山市のこども英語教室への体験予約

体験予約

中学・高校・大学

岡山市のこども英会話・英語教室「会話」する少女2

中学
既に、高校で行われている「英語の授業は英語で行うことを基本とする」といった指導方針が、2021年度実施の新学習要領から中学でも採用されます。
中学卒業段階では、英検3級程度の力を身につけることが目標になってきます。
テスト直前に暗記していた勉強方法では、対応できなくなってきますね、継続的な学習で、リスニングやスピーキングを行っておく必要があります。

 

高校
既に、2013年度実施の学習指導要領により、高校では、英語の授業は英語で実施することが基本となっています。
学校毎に特徴があり、ペアワークやプレゼンテーションなど「話す」ための取り組みを行っている学校もあるそうです。
「話す」ことが中心になってきています。

 

大学
大学入試は「読む」「聞く」「話す」に加えて、「話す」が加わり、4技能試験に
国際化に向けた教育に対応できる学生を選考すべく、2020年度から新たな大学入試がスタートします。
暗記力を競うようなテストから、大きく変わってきます。

 

岡山市のこども英語教室への体験予約

体験予約

マカフィー・ストアマカフィー・ストア