CurioStation Okayama

英語の資格について

英検って何?こどもでも、取得できるの?

何歳だから受講できないといった年齢制限的な制限はありませんが。。。

岡山市のこども英会話・英語教室「先生4」イメージ

英検とは?
公益財団法人、日本英語検定協会が主催している資格試験です。
学生が多く受講する資格試験で、5級から1級の7段階に分かれています。
(以下、英検の説明より一部抜粋しながら説明していきます。詳細は、英検のページでご確認下さい。)

 

5級
英検の入門編みたいな感じで、英語教室などに通い始めた子が力試しに挑戦されている様子です。
レベルはおよそ中学初級程度とされています。初歩的な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)とスピーキングテストとなりますが、スピーキングテストは級認定スピーキングテスト単位で合否判定されます。

こちらのテキストを使用しています。
【CD付き】小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル 改訂増補版 (旺文社英検書)

 

4級
本格的に英語を学びだした小学生が目標とする級となります。
レベルはおよそ中学中級程度とされています。簡単な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)とスピーキングテストとなりますが、スピーキングテストは級認定スピーキングテスト単位で合否判定されます。

こちらのテキストを使用しています。(クリックするとAmazonで購入できます)
【CD付】DAILY2週間 英検4級集中ゼミ 四訂版 (旺文社英検書)

 

3級
小学生で取得できる割合はかなり減ってきます。
レベルはおよそ中学卒業程度とされています。身近な英語を理解し使用できることが求められます。
この3級から面接試験が開始されてきます。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)、二次試験(面接形式のスピーキングテスト)となります。

こちらのテキストを使用しています。
【CD付】DAILY2週間 英検3級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

 

準2級
レベルはおよそ高校中級程度とされています。日常生活に必要な英語を理解し、使用できることが求められます。
文部科学省では、「中学生のうちに英検3級レベル」を目標とされていますが、英語教室に通うのなら、この準2級を目標にしてもよいでしょう。
準2級は入試優遇や単位認定をはじめセンター試験対策などメリットの範囲が一段と広がります。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)、二次試験(面接形式のスピーキングテスト)となります。

 

2級
レベルはおよそ高校卒業程度とされています。社会生活に必要な英語を理解し、使用できることが求められます。
入試優遇、単位認定、センター試験対策、海外留学や社会人の一般的な英語力の条件として幅広く適用されています。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)、二次試験(面接形式のスピーキングテスト)となります。

 

準1級
レベルはおよそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。
入試優遇、単位認定、教員採用試験に優遇されたり、このレベルになると履歴書にも記入できるようになります。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)、二次試験(面接形式のスピーキングテスト)となります。

 

1級
広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できることが求められます。
入試優遇、単位認定、海外留学、通訳案内士の筆記試験免除など、高い評価となります。
試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)、二次試験(面接形式のスピーキングテスト)となります。

 

体験予約

 

英検Jrとは

英検Jr.は、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標として1994年に開発した児童向けの「育成型ゲーム感覚」のリスニングテストです。
(英検Jrの説明ページより)
岡山市のこども英会話・英語教室「会話」する少女2

BRONZE
小学生の低学年を対象。初めての方は力試しに

 

SILVER
小学生の中学年程度を対象に、BLONZEで正解率80%以上の児童が対象

 

GOLD
小学生の高学年程度を対象に、SILVERで正解率80%以上の児童が対象

 

体験予約

 

TOEICとTOEFLって違うの?

岡山市のこども英会話・英語教室「SKYPE」する少女

TOEIC
TOEICとはTest of English for International Communicationの頭文字を並べたもの
世界各国150以上?で実施されている英語のコミュニケーション能力を測るための試験です。
アメリカの非営利テスト開発機関ETS(Education Testing Service)が主催しています。
全世界というのが、魅力ですネ。英検2級程度のスキルを身につけて受講した方がいいみたいです。
レベルに応じた試験ではなく、同じ問題となりますので、ある程度、スキルを身につけてから受講した方がよいでしょう。

 

TOEFL
Test of English as a Foreign Language = 「外国語としての英語のテスト」となりますが、よくわかりませんよネ
英語を母国語としない。英語圏ではない出身者を対象に英語圏の高等教育機関が、入学希望者の英語力を判定するためのテスト。
海外留学とかを希望する人が、どの程度、英語能力があるか?を判定する基準となる試験

 

体験予約