岡山市のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】

086-206-5592

岡山市のパソコン教室。訪問サポート。

お問合せは、【こちら】から(クリック)

Excelでコピーすると、計算式がおかしくなる!?

Excelを使うと便利なのが、計算する機能、数値を変えると自動的に計算してくれます。
そこで、よくある悩み事相談が、コピーすると、計算式がおかしくなる。
「相対参照」と「絶対参照」といった言葉で表現されている機能です。

 

コピーした結果が、思っていた結果と違うとびっくりしますよね

 

例えば、単価計算
最初の計算式をセットします。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの絶対参照1

 

このままコピーすると・・・。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの絶対参照3
あれ?と思いますよね、、、、
これは、計算式がずれていくために発生していること

 

計算式上は、「C2」なのに、「C3」に変わっている・・・
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの絶対参照5
「C2」の箇所は、コピーしても、変わらないように、おまじないをかける必要があります。

 

それでは、「C2」の箇所でおまじないをかけましょう!!
「C2」の箇所で、「F4」を押して、「$ドル」をつけます。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの絶対参照2
「$ドル」とは、この値は、コピーしても変えないといった記号となります。
「絶対参照」と表現されていますが、「$ドル」マークがつけば、コピーしても変わらないと覚えましょう。(笑)

 

この状態でコピーすると・・・
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの絶対参照4

 

「C2」は変わっていません。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの絶対参照6

 

コピーして作成したら簡単なのに、コピーすると、ここの値が変わってしまう。
それでは、一個づつ計算式を指定しないとダメなのか?

 

いや、きっといい方法があるに違いない。
そう思って調べると見つかります。

 

当然、計算式を面倒でもセルにひとつづつセットしていってもできるのですが、
変更を加える場合には、コピーできたほうが、効率的ですよね、

 

シューットカットキーだけが、時短技ではありません。

Excelの基本操作・・・でもテキストには・・・

・複数行の入力
・行の表示・非表示
・セル内の指定した文字のフォント属性の変更

スケジュール管理で名前で色分けしたい!!

岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの条件付き書式設定1

スケジュール管理
出勤スケジュール、手配など、ある決まった条件(名前)など

 

色で判断すると、わかりやすいです。

 

名前を変更したら、その都度、書式コピーとか、色を付けないと・・・
そう思うと、面倒ですよネ。

 

もっと、簡単にならないの?
何か、いい方法ないの?

 

と、相談されることもあります。

 

Excelには、条件付き書式設定といった機能がいつの間にか追加されています。
昔はなかったような?機能です。

 

名前を入力します。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの条件付き書式設定2

 

「Enter」キーを押下します。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの条件付き書式設定3

 

条件付き書式設定で指定しているので、背景色が名前で判断されて変わります。
岡山市のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」Excelの条件付き書式設定3

 

一度指定すれば、あとは、名前を入力するだけ、

 

背景色も一緒に、コピーして作っているからいいよ!!

 

そう、いわれるかもしれませんが、、、、色を変更する場合など
書式設定の値を変えるだけで、すべて変わります。

 

確かに、コピーして作るといった方法もありますが、
変更する場合を考えると、随分違ってきますよネ。

 

応用すると、カレンダーを作成する時に、日曜日、土曜日や祝日の色分けにも使えます。

 


https://youtu.be/c8f5MXAJFVo

覚えておくと便利な関数類

エクセルで知っておくと便利な関数は、SUM、AVERAGE、MAX、MIN、COUNTといったリボンにある【オートSUM】で選択できる関数は知っておくべきです。
条件式、IFを組み合わせて使えると、より使い勝手がよくなります。SUMIFとか、COUNTIFなどIF関数と合わせて覚えておくと便利です。

 

そのほか、使いこなすと便利なのが、
VLOOKUP関数、データベースから検索する感覚です。

CONCATENATE関数、文字列の結合です。
例えば、名前、性と名を別のセルに保存した場合、性と名を付ける(結合する)。その間に少し空白を埋める時など
この関数を使えば、入力作業が省けます。

 

Excelはデータ解析、集計処理など使いこなせればすごく便利です。
関数を含め、データ検索機能、集計処理など、使いこなせるようになるべきです。

岡山市のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】では、エクセルの関数を使いこなす練習など
ワンランク、ツーランク上のスキルを身に着けたい方、プログラミング並みの知識も含めて習得できます。

間違えて、罫線を引いてしまったセル、簡単に消せないの!?

初心者にありがちな質問です。

 

間違えたセルに線を引いてしまった。

 

そんな時にどうやって消すの?
文字は「Delete」キーを押せば消えるけど・・・
線は消えない!!

 

意外に知られていないのですが、「クリア」といった機能があります。

 

また、よくする方法としては、「削除」とか、「コピー」といった方法でもできます。

 

「削除」をすると、削除した後につめる方向を聞いてくるので、
「コピー」もしくは、クリアをした方がよいでしょう。

 

「空のセル」をコピーする方法、もしくは、クリアしたい範囲を選択して、「すべてクリア」

岡山市のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】でよくある質問です。
いろいろな方法がありますので、どの方法がいいとか、悪いではありません。

ページのトップへ戻る