岡山市のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】

086-206-5592

岡山市のパソコン教室。パソコンサポート。トラブル事例紹介とその対策です。

パソコン教室の相談は、【こちら】から

よくある事例1.パソコン画面にウインドウが表示され消えない

岡山市のパソコン教室インターネットのトラブル

アダルト関係のサイト訪問にてよく表示されるようになる事例です。
毎回起動したら、小さなウインドウが出て消えなくなってしまいます。

 

悪質な物は、本体を消しても、また、セットアップされ発生するという現象も起こります。
(タスクスケジュールされているタイプもあります)

 

システムの復元ポイントからの修復が可能であれば、復元ポイントから
出来ない場合は、削除ツールか?もしくは手動にて、削除していきます。

 

あなたのIPアドレス、プロバイダ・・・などの表示もあり、
みに覚えのない請求を促されますが、こちらから、連絡しない限り
相手には解りませんので、連絡しないことです。

 

面倒でなければ、サイバーポリスなどにも情報提供を行って下さい。

 

もし、誤って連絡してしまった場合は、警察、もしくは、弁護士にご相談を

 

冷静に対処しましょう!!

 

相手が知りえる情報は限られています。あなたを特定している訳ではありませんので、こちらから情報を渡さないことです。

よくある事例2.ランサムウエアに感染

よく解らない宛先から請求書などの件名でメールが届きました。
気になったので、添付ファイル(圧縮ファイル)を保存し、解凍して実行

 

ExcelやWordのファイルが、次々に、変な拡張子に変わってしまった。
このファイルを元に戻すには・・・といったメッセージが出ている。

 

実際には何が元で発生したかは、解りませんが、おそらくメールであろうと

 

大切なファイルが暗号化され、人質にされるといったことが起こります。
まさか、とは思いますが、実際に発生しています。

 

ウイルス対策ソフトが動く前に換えられるといったケースもありましたので、
ウイルス対策しているから安全だと思わない方がよいでしょう。

 

暗号化されたファイルを元に戻すことは、まず、不可能
古いタイプでは解析できることもありそうですが、最新バージョンだと?

 

大切なファイルはバックアップをとる。復元ポイントを設ける。履歴を残すなどの対策をして下さい。

 

送信元がおかしなメールは開かないこと

「対応はできないの?」

解っているつもりでも、思わずクリックしてしまった。
メールが気になったので、開いてしまった。

 

と、解っている方でもしてしまうみたいです。

 

まず、インターネットの広告類をクリックしないこと

 

あなたのパソコンにはエラーがあります。とか脅威にさらされています。
といったメッセージを見ると、驚き、クリックしてしまいます。
ちょっと待てよ?と冷静な判断をして下さい。

 

不審なメールは、開かない。
開いても、「誰から送られてきたか解らない」メールの添付ファイルは開かない

 

大切なメールであれば、電話連絡などしてきますし、誰から送ったのか?必ず書いてます。
それがない場合は、不審に思って下さい。

もしウイルスに感染してしまったら・・・

まず、ネットに接続している場合は、切りましょう。
周りにパソコン等があり、同一セグメントにある場合、 LAN上にある場合は、感染しないように、切断しましょう。

 

どのようなメッセージか?
自分で調べられる場合は、ネットで検索して解決策をさがして対処をして下さい。

 

自分ではどうにもならない場合は、PC持参でお越しください。
訪問等もしておりますので、持参が困難な場合でもご連絡願います。

 

もしくは、お近くのパソコンサポート屋さんにご連絡を!!
メール相談もしております。

 

お問合せ(クリック)

ページのトップへ戻る