岡山市北区のプログラミング教室【キュリオステーション岡山店】

086-206-5592


個別指導で学べる岡山では他にない仕組みのプログラミング教室・パソコンサポートです。

パソコン・プログラミングの悩み相談事は、【こちら】から

プログラミングを学習する上で知っておきたい言葉

難しい言葉など必死で覚える必要もないかと思いますが、
よく使う言葉だと、何回も出てくるの自然に覚えていきます。
どの説明を見ても、難しい言葉を使った説明が多いです。
この辺りで挫折する人も多いと感じています。

初期化
変数などに最初の値をセットすること
何が入っているかわからないので、最初にセットするのがよいとされている


変数
プログラム内で一時的に使用する入れ物のこと
データ型とセットです。


データ型
値の属性、Excelでも使用されているいる数値データとか文字列といった値の属性
基本的には、文字と数字は見た目は同じですが、中身は違っています。
データ型は、プログラミングを行う上で、一番気を使うとこです。

※VBAのような、データ型あで自動で判別するような言語も存在していますが、
 データ型は意識して使う方が、幅広い言語を扱えるようになります。


プレフィックス
日本語では、「接頭辞」と呼ばれます。使いませんネ。頭、先頭につける言葉です。
変数の先頭などにデータ型を表すように、付けます。
開発プロジェクト単位、会社などで、コーディング規約で決めておくとよいでしょう。
例えば、文字型だと、strWordとか、先頭のstrで、データ型が解りますよネ。


スコープ
変数のスコープなど、範囲のこと
変数の場合は、その変数が使える範囲となる。


ネスト
「入れ子」と呼ばれる
よく使われる例として、繰り返し処理の中に、if文を書き、その中にまた、if文を書くなどを繰り返すと、「ネストが深い」と言われる
別モジュールにするなどして、解りやすい、見やすいプログラムにすることを心がけましょう。


関数・モジュール
与えられた文字や数値に対し、定められた処理を行って結果を返す機能のこと
※引数、戻り値など、Excelの関数も同じ
 ファンクション、サブルーチンなどとも呼ばれます。


引数(ひきすう)
関数に受け渡す値、パラメータとも呼ばれる


戻り値
関数が返す値、結果を返す。
※返り値とも呼ばれる。


エラー処理・例外処理
コンピューターで起こるエラーに対する処理のこと。
プログラムがある処理を実行している途中で、 なんらかの異常が発生した場合に、 現在の処理を中断(中止)して、別の処理を行うこと
関数ならば、途中でも抜けて戻るとかの処理


デバッグ
プログラムの記述・処理の間違いを探し出して取り除いていくこと
机上デバッグとは、ソースファイルを見ながら確認していく


ログ出力
実行結果を残していく、あるいは、処理内容やエラーの内容をメモを取る代わりに、記憶させておく
目に見えないなら、ファイルに残しておくといった感覚


コーディング
仕様書(設計書)を元にしたりして、プログラミングしていくこと
コーディング規約といって、作り方のルールを設けるプロジェクトもある。
大規模なプロジェクトも、小規模プロジェクト、会社によってルールが決まっている。
好き勝手にプログラミングされると、誰でもが見えなくなるので、
ルールを決めている。


クラス
学校のクラスとは違います。
関数とかモジュールの一段階上の概念的なもの
プロパティ(値・属性・フィールド)とメソッド(処理)を持ったオブジェクト
インスタンスで生成(使えるように)する
Java言語は、このクラスで作られている。この内容を読んで理解しよとしてもなかなかできず、挫折する人が多いです。

クラスといったまとまりで、作っていく物だと思えばよいかと思います。
簡単に一言で言い表せられませんが、詳しく知らなくても使っているという感じです。


インスタンス
「クラス」といった物を、プログラムで使えるようにすること
くらいに覚えておくとよいかも・・・New することです。

難しい言葉は、知らなくても、使っているかと思います。
「クラス」とかのオブジェクト型は、Newして使うです。


UI(User Interface)
ユーザ(使う人)とデジタル機器の間でうまくコミュニケーションが取れるように、作られる画面など

Graphical User Interfaceとは、アプリケーション画面のこと
昔は、文字ばかりのアプリケーションが多かったけど、Windowsの画面など、
アイコンやボタンなど画像を使ってわかりやすく、していること


UX(User Experience)
ユーザ(使う人)が実際に使った時に得られるであろう経験や満足感のことで、
UIを実際に使ってみて、どう感じたか?


アプリケーション開発では、重要となる部分ですが、 ここまで考えて作られているアプリケーションは少ないです。


SQL構文

MS AccessやSQL Server・OracleといったDBを操作する時の構文
数は少ないしルールも複雑ではないので、覚えやすいかと思います。

社内データの参照、MS Accessを使っての処理など


主な構文です。結合表の問い合わせなど、複雑なこともできますが、まずは基本から


・Create Table/Drop Table
 表(データを保存しておく)を生成、削除
 <例> Create Table (表名)

・Select文
 表のデータを参照する

 <例>SELECT (項目名) FROM (表名) WHERE (条件式) ORDER BY 項目名

※複数の表の結合や、絞り込んだ表を使用するなど、さまざまなケースがあります。
 慣れてくると、処理スピードも考慮して作っていきます。


・Insert文
 表にデータを追加する

<例>INSERT INTO 表名(項目名1,項目名2・・・)VALUES (値1,値2・・・)


・Update文
 表のデータを更新する

<例>UPDATE (表名) SET 項目名1=値1,項目名2=値2・・・WHERE (条件式)


・Delete文
 表のデータを更新する

<例>DELETE FROM (表名) WHERE (条件式)


※黒猫 SQL Studio、CSE、A5:SQL Mk-2などのフリーソフトで実行できる。

DataBaseによっては、コマンドプロンプト上で実行可能だが、取得したデータの参照や使用する場合
コピペしてExcelなどに張り付けられるので、CSV出力できるツールの方が使い勝手がよい。


・INNER JOINとLEFT JOINの違い

表(テーブル)を結合する時に、どのようにして結合するか?


両方の表(テーブル)に存在するレコードのみを対象とするのが、INNER JOIN

一方の表(テーブル)のレコードを元(すべて対象)に、結合していくのがLEFT JOIN

実際に試してみるのが一番早いです。
少ないレコード件数で試してみるとわかりやすいです。



※SQL文も、プログラミングと同じで、いろんな説明を見て、理解していくのもいいですが、
 実際に試してみるのが、一番わかりやすいです。



ページのトップへ戻る