CurioStation Okayama

岡山市のプログラミング教室|スマホのアプリケーションってどうやって作るの?

Androidとかのスマホアプリを作るには

岡山市のプログラミング教室。Androidアプリケーション

まず、iPhoneとAndroidによって違いがあります。OSが違うのですから開発環境も違ってきます。

 

iPhoneアプリを開発するには、MAC OSで、Xcodeといった開発環境で作るのがよいでしょう。

 

また、iOS デベロッパープログラムへの登録を行った方が実機での検証ができますので、登録(有償)することをお勧めします。

 

Androidアプリケーションを開発、作るには、Android Studioといった開発環境を使うのがよいでしょう。

 

iPhhoneアプリのように、登録を行わなかくても実機による検証ができます。
(ご自身のAndroid端末を開発者にあげる必要があります。ビルド番号をn回タップします)

 

Windows OSをお持ちであれば、まずは、Androidアプリケーション開発で開発してみることをお勧めします。

 

作り方の方法とか、イメージ、考え方がわかってきます。

 

どちらを使うにしても、Java言語となりますので、Java言語の知識は必要となります。

 

Java言語をマスターしないと作れないのか?といった考え方もありますが、まずは、作ってみることです。

 

簡単なアプリケーションを作ってみる。そして、流れを理解するのが先決です。

 

言語のデータ型の機械的な説明から入ると、嫌になってきますよネ(笑)

 

Android Studio 2を使う為には、Java環境も当然必要です。

 

開発環境の構築には悩まされる方も多いかと思いますので、困ったら相談して下さいネ。

 

言語の勉強だけではなく、開発環境の構築から一緒にしていきます。

 

岡山市プログラミング教室 へ体験予約・相談する→お問い合わせ

 

アプリケーションを作る時のポイントは?

まずは、小さいアプリケーションから

 

アプリケーション開発においてのポイントは「流れ」です。
ユーザビリティと言われるかも知れませんが、プログラミングしていく「流れ」があります。

 

その「流れ」を上手く掴むことが出来れば、理解度が、ましていくことでしょう。

 

プログラミングは「物語」を書くような物です。いつ、どこで、どういった条件で何をするのか?

 

これが整理できて、初めてプログラミングすることができるのですから・・・

 

言語を学ぶ前に是非、この手順も学んでおきたいですね。

 

パソコン教室で行っているような、カリキュラムをこなせば、出来るようになるわけではありません。

 

プログラミング言語は、ルールです。そのルールが解っただけです。

 

あとは、そのルールに従い、アプリケーションを作っていくだけです。

 

岡山市プログラミング教室 へ体験予約・相談する→お問い合わせ

 

「どう作るのかよりも、何を作るのか?」

作る方法ばかり気にして、何を作るのか?といったことを忘れがちになりますが・・・

 

何が作りたいのか?によって、プログラミング言語が決まってくるのですが?

 

不思議なことに、プログラミング言語から勉強が始まるんですよネ(笑)

 

挙げ句の果てに、目的を忘れてしまうといった。悪循環になる場合もあります

 

世の中には、パクって、人気のあるアプリケーションを真似して作ろうとしている人も多いです。

 

もっとも自分では考えられないからコピーを作るのですが、

 

「何を作るのか?」「何を作っているのか?」を忘れずにプログラミングしていけばよいかと思います。

 

よくあるのが、計画は良かったのに、実際に作り上げた物は全く違った物になる。といったこともあります。

 

何で作るのか?といったプログラミング言語ばかりに気をとられ、最終的に違う物が出来た。

 

といった出来事もあります。

 

途中でこのプログラミング言語では出来ないから、自分ではできなかったからこうなったた・・・

 

となると、何を作っているのか最初の目的までかわってきます。そうならないように、しっかりと作るものを決めて下さい。

 

計画は大切に!!といったお話ですが、好き勝手に作っていると、出来ることしかしなくなります。

 

その方法が正しいのか?もっといい方法がないのか?十分検討していけばいいのですが・・・

 

岡山市プログラミング教室 へ体験予約・相談する→お問い合わせ