CurioStation Okayama

岡山市のプログラミング教室「プログラム例」シューティングゲームを作る編

Scratchでシューティングゲームを作ろう!!基礎の基礎

https://youtu.be/IumjyFtI8DA

「シューティングゲームサンプルプログラム」

 

ミサイルの発射場所の位置決め、当たった時の条件、クローンを作る
移動させる方法など

 

これだけで、終わることなく、これから先を考えてみて下さい。
追加、改造を加えてオリジナル作品ができるようになって下さい。

ミサイル「たま」を発射する元になるキャラクター部分の「プログラミング」

岡山市北区のプログラミング教室スクラッチサンプルプログラム「発射台」
 

「たま」の「プログラミング」X座標、Y座標の値を参考にして下さい。
出る場所は、今回は、発射台の位置情報を使っています。変数を使用してもできます。

岡山市北区のプログラミング教室スクラッチサンプルプログラム「たま」
 

「敵」になるキャラキターを表示して移動するプログラミングです。

岡山市北区のプログラミング教室スクラッチサンプルプログラム「敵」移動
 

「敵」になるキャラキターが「たま」に当たった時の動作です。

岡山市北区のプログラミング教室スクラッチサンプルプログラム「敵」あたる
 

Scratchでシューティングゲーム


https://youtu.be/k6IaeIyht_4

 

「シューティングゲームサンプルプログラム」

 

発射台を固定させて、弾を打つサンプルプログラムです。

 

横移動するキャラクターに弾を当てるゲームです。当たった時に、弾側で判定するのか?キャラクター側で判定するのか?によって動作が違ってきます。

 

両方で指定すると、あれ?動かないなぁ~となるので、あたりの判定は一か所でしましょう。

 

Scratchでの注意事項

https://youtu.be/c_Pf3V5chac

 

「シューティングゲームサンプルプログラム」での注意事項です。

 

「クローン」機能を使って複製できるのですが、よくおこる現象があります。

 

「クローンされた時」以外のタイミングでクローンの操作をしようとすると、想定外の動作をすることがあります。

 

どのクローンに対する操作か?指定が出来ないので、例えば、”このクローンを削除する”とすると、全てのクローンが消えることがあります。