岡山県岡山市のプログラミング教室【キュリオステーション岡山店】

086-206-5592

子ども向けプログラミング学習教材である「スクラッチ」を学ぶ方法

スクラッチ(Schratch)を準備する。

準備といっても用意するものはありません、パソコンとインターネット環境があればできます。

「スクラッチ」のサイト

このサイトでそのまま作れます。言語も変更できるので、「日本語」もしくは「にほんご」を選んで下さい。

「作る」もしくは、「やってみる」をクリックすると、作る画面になりますので、丸い記号をクリックして言語を変更して下さい。

ネット環境により、常時接続が難しい方などは、「オフラインエディター」よりDLしてセットアップして下さい。

以下、出来る事をまとめていますので、まずは簡単なプログラムから挑戦してみて下さい。

「トライ&エラー」です。間違えてもあきらめず、間違い箇所を修正しながらスキルアップして下さい。

スクラッチ(Schratch)でこんなことができます。No.1

まずは簡単な動作を確認しながら出来る事を確認していきましょう!!

イベント
「いつ始まるのか?」「どんな条件で始まるのか?」といったはじまりです。
「スタート(旗)」が押された。キーボード上のキーが押された、クリックされたといったタイミングです。

色を変える
キャラクターの色の変更が出来ます。大きさ(サイズ)の変更や、前面に出す、背面にするといったこともできます。

動かす
移動方向の指定(上下左右)、回転など指定して動かすことができます。

スクラッチ(Schratch)でこんなことができます。No.2

あらかじめブロックで組込まれていますので上手く使っていきましょう

追いかける
マウスポインタを追いかける。他のキャラクター(スプライト)を追いかける
といった指定ができます。

<条件>までまつ
ある条件がみたされるまで、待つといったブロックも用意されています。
無限ループ処理です。条件がくれば、ループを抜ける。といったブロックがあります。
当然、このブロックを使わなくてもできますが、スッキリとしたプログラムになるので、使っています。

メッセージを送る
キャラクター(スプライト)間の同期がとれます。「メッセージを送る。」「メッセージを受け取る」(イベント発生)

隠す、表示する
表示、非表示も用意されています。

スクラッチ(Schratch)でこんなことができます。No.3

あらかじめブロックで組込まれていますので上手く使っていきましょう

キーが押されたイベント
キーが押された時のイベントです。
イベントで作ることもできますし、あるキーが押された時にどうするといった条件式でもできます。

コピペ作成(複製)
同じブロックを作る場合に、複製といった、コピペ作成ができます。

スクラッチ(Schratch)でこんなことができます。No.4

あらかじめブロックで組込まれていますので上手く使っていきましょう

音を鳴らす(演奏)
音、ドレミ・・・の音が出せます。楽器も変えることができます。音の長さも変えれますので、演奏するようなプログラミングをしても楽しめるかも知れません。

位置の指定
どの位置に表示させるのか?XY座標で指定ができます。

コピペ作成その2(複製)
スプライト間のコピペもできます。ブロック単位で同じ作りになるなら、コピペ作成した方が間違いもなくできるでしょう。

スクラッチ(Schratch)でこんなことができます。No.5

あらかじめブロックで組込まれていますので上手く使っていきましょう

動き(XY座標を動かす)
位置情報(場所)はXY座標であらわされます。その座標を一定間隔で変更することにより、動きを表現できます。
プログラミング言語で記述する場合は、元の位置の情報を消して、移動させた位置に再描画といった処理になりますが、
スクラッチでは、移動するだけで処理をしてくれます。

その他の移動
XY座標の位置情報をうまく使って、位置の指定を行っています。A地点からB地点へ〇秒で移動する。
あらかじめ、ブロックが用意されています。

スクラッチ(Schratch)でこんなことができます。(中級編)

少し複雑な仕組みの確認を行っていきます。

処理手順の確認
プログラミングは、上から下に順番に処理されます。
記述する順番を入れ替えただけで、違った動きになってきます。

条件式・変数
「変数」といった値を出し入れできる入れ物が用意されています。
パブリック変数となるので、どのスプライト(キャラクター)でも使えるものです。
変数を使用した値の確認もしています。

ページのトップへ戻る