岡山市のパソコン教室|ロボット教室|プログラミング教室【キュリオステーション岡山店】

086-206-5592

自分のチカラで出来た達成感で自信になる教室です。

何をやっても自信のない子も「やり遂げることで自信に」

障害があるお子さんも無料体験を

話をするのが下手な子も

集中力のないと思われる子も

創造力、発想力、表現力豊かな子に・・・

「集中力のない子」も・・・・


集中力がない子も、好きなこと、夢中になることがあれば、、、、

 

その夢中になるものが、ロボット制作であったり、ゲームや遊び、プログラミングです。

 

同じゲームをして遊ぶのならば、自分でオリジナルのゲームを作ってみると?
集中して作っている姿が見られます。

 

まずは、無料体験でご確認下さい。

 

体験時から、真剣な顔を見せてくれますよ!!

 

夢中になっている時は、時間の経過は早いです。「もう、こんな時間・・・・」との声も多く、なかなか帰ろうとしない時もあります。

 

応用力、想像力が豊かな子になってほしいです。ロボットの部品が足りない場合、組み合わせる、代用するといったことで、応用力も養われていきます。
子どもにしか、想像できない。発想できないこともたくさんあり、驚かされています。

 

「ウチの子できるかな?」と余計な心配は不要です。
まずは、「自分でトライする」「自分で考える」こと、最初はロボットを時間内に作ることができず、悔しくて泣いて帰ってた子も、いつの間にか、時間内に作れるようになります。

 

作れたら、作れたで、自慢げに報告もするそうです。
いろいろな体験、経験をしていけばより成長していくことでしょう。

 

「ウチの子にはまだ早いのでは?」と感じられる方も多いですが、ホントにそうでしょうか?
では、1年後には、デキルようになるのでしょうか?

 

結果的に言えば、1年後でも同じです。学校で習わないのですから、、、、スキルは上がりません
言葉の意味は多少わかるようになることでしょう。ただし、、、イメージする力、これは、学ぶ機会そのものが少ないし、急に伸びる能力でもないので、ほとんど変わらないものです。

障害のあるお子さんも・・・

「障害」といわれましても、ピンキリですので、判断は出来ません。

 

無料体験もしておりますので、一緒に確認しましょう!!

 

小学生1年生では、まだ、読めても、言葉にならない子もいますし、はっきりと話をする子もいます。

 

ロボット制作でも、プログラミングでも、「読む」そして、「書く」といったことをしますので、
言葉の勉強にもなるかと思います。

 

「数」を数える、テキストを読む、問題を解く(書く)といったことも行っております。

 

好きなこと、夢中になることなら、集中してしています。

「話すのが苦手」言葉が上手く組立られない?

少しでも、語学の勉強にと、プログラミングをお考えの方も・・・

 

プログラミングは、記述した通りにしか動きません。

 

その手順、実行させる手順を言葉で整理しながら、プログラミング言語に置き換えていくわけですから

 

言語自体の勉強になるかも・・・とお試しになられる方もいます。

 

どのような手順で実行させるのが、一番よいのか?
そういったこも、プログラミングする上で大切なことになりますから間違いではないかと思います。

 

教室といった場所です。先生もいます。友達もいます。
そんな環境のもとで、一緒に過ごすのですから、当然のように、コミュニケーションも必要となります。

 

パソコン教室ロボット教室プログラミング教室も必ず講師との会話があります。
自分の意見、意思を伝えられるか?学校よりも少なく少人数で行っておりますんので、講師、一緒に学ぶお友達とのコミュニケーションも必要となる場面が必ずあります。
自然とコミュニケーション力もみにつくことでしょう。

「難しい!?」と言われることが多くなり気になったことがあります。

「自信がない」から「難しい」と感じるのかも・・・

 

プログラミングやロボットの無料体験で、「難しかった」と回答する子に共通点がありました。

 

「なんで楽しそうにしてたのに難しいのだろう?」との疑問もありましたが・・・

 

何をやっても、自信がないのか?

 

「出来ない!!」「難しい!!」と感じる

 

そんな子でも、やり遂げると、「自信が付いてきます。」

 

興味のある、ロボット作りとか、簡単なプログラミングによるゲーム作成など パソコンで何か作ってみる。タイピングゲームでもいいんです。

 

自信を持って、「出来る!!」といったことが、感じられたならば、、、 きっと、将来的に挑戦してみようといった学習意欲がわいてくることでしょう。

 

かつて、私も自信のない子でした。
学校の勉強は、そこそこ(笑)

 

でも、自信はなかった気がします。

 

だから、自分から手を挙げられない。
自分の考えを主張出来ない。そういった事もありました。

 

みんなが違うことを言うと、一人正解でも、みんなと同調してしまう。
それを見過ごしたかのように、成績を悪く付けられたこともありました。

 

はっきりと今でも、記憶に残っています。
得意科目だったので、ショックを受けた記憶があり今でも覚えているわけです。

 

そんな私でも、あることをきっかけに、自信になったことがあります。

 

ロボット製作でも、プログラミングでもありません。

 

私の時代には、なかったことですから・・・

 

運動も苦手だった私は、小学校体育祭では、の頃は、いつも、ビリ・・・か、その一つ前、

 

そんな私でも、変わることが出来たのです。

 

運動嫌いだった私が、好きになったきっかけでもあります。

 

運動好きになりました。おかげで、今でも運動は好きです。

 

今なお、運動が出来ると大きな勘違いもしているのですが・・・(笑)

 

それが、ロボット作りとか、プログラミングとか、

 

楽しいと感じたことで、やり遂げるといった事が出来たなら・・・

 

きっと、自信を持って、取り組んでいくことでしょう。

 

そのきっかけに、なれば、よいかと思います。

 

最初は、「出来ない」かも知れませんが、

 

繰り返ししているうちに、「自分でも出来る」と感じるようになることでしょう。

 

極力、手伝わないようにしています。考えるようにヒントを与えています。

 

「自分の力で、自分自身で、やり遂げる」

 

この達成感が自信になることでしょう。そうなることを信じています。

 

「出来ない」といった発想ではなく、「出来た自分を褒めると幸せに感じると言われています。」

 

「自己暗示ではありませんが、私にでもできるんだ!!」といったことが一つでも出来れば、変わることでしょう。

お役立ちコラム

ページのトップへ戻る