CurioStation Okayama

虹色の文字ってどうやって作るの?

虹色の文字=グラデーション

岡山市北区のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】虹色の文字 グラデーション完成イメージ  

ブログとか、ホームページやYouTubeを見ると、虹色のような文字列が・・・・
そんな画面を見たことがある方は大勢いらしゃいます。

 

ブログとかホームページ、最近では、YouTubeなど、様々な場面で、このような虹色の文字が使われています。

 

「あれ?どうやって作っているの?」
と気になった方も、あぁ~グラデーションで作ったんだっと解る方も様々ですが・・・

 

どうやって作ったの?私にもできるの?と思われる方も多いかも知れません

 

この作り方教えてよ・・・

大きく分けると、画像として作るか?文字の色を変えながら作るのか?となりますが・・・・

 

画像として作る場合、簡単に作ろうとすると・・・Wordで作ります。
あれ?フォトショップとか、イラストレータで作るのでは?と思われる方も多いかも知れませんが・・・

 

Wordでもできます。

 

図形を使い。テキストボックスや正方形/長方形を描いて文字を追加します。

 
岡山市北区のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】虹色の文字 グラデーション最初のイメージ  

ワードアートで作ると、あらかじめグラデーションっぽいので作れます。

 

フォントの種類・サイズが決まったら、「図形の書式設定」で細かく色を指定していきます。

 

少し古いバージョンが画面的にわかりやすいでので・・
岡山市北区のパソコン教室【キュリオステーション岡山店】虹色の文字 グラデーション最初のイメージ  

 

塗りつぶしのグラデーションを選ぶと「種類」「方向」「角度」など細かな設定があり
色の指定が行えます。

 

設定を変えながら、お気に入りのイメージ通りになるように設定していく作業になります。
よく、解らないなぁ~となるかも知れませんが、いろいろ試して下さい。

 

色の指定も分岐点の追加も削除もできます。

 

完成したら、そのまま、図としてコピーして保存するとか、
コピーして、ペイント3Dに貼り付け、保存するとフォントの図が完成です。

 

画像として保存する方法とか、コピペしてペイントを使う方法とか
よく解らない、何すればいいの?みたいに感じる方は、
パソコン教室に通うことをお勧めします。
行かれるパソコン教室によっては、教えてもらえないかも知れませんけど・・・

 

注意する点は、図形の背景色です。初期値が白色なので、解りにくいですが、「塗りつぶしなし」として、pngで保存すると、背景透明の画像となります。

 

ホームページとかブログで使えないの?

ホームページとかブログでは?
いちいち図で保存とかするのも面倒だな~
記事の中で部分的に使いたいなぁ~

 

そんな考え方もあることでしょう。実際には、1文字、1文字、文字の色を変えることで実現できます。

 

 

 

 

文字の色を一文字づつ変えるのは、大変な作業になります。
機械的にできれば、いいなぁ~といった発想になるのは当然の考え方です。

 

簡単に作れるサイトもあります。
https://tagnoheya.com/tag/font_color3.html

 

文字列を入力して、開始の色、終了の色を指定すると、タグが生成されます。
後は、タグを記事に埋め込むだけ?

 

簡単な説明ですが、Htmlの仕組みがわかっていると、できることです。
タグって何?
作る自信がない、何のことか解らない人は
パソコン教室に通って学ぶことをお勧めします。