Scratch サンプルプログラミング 基礎編~~ボールゲームで~~

岡山市のプログラミング教室で、はじめにすることの一例

どのプログラミング言語でも、最初は、こんなの作ります。

JavaScriptでも同じですが・・・

子ども向けのスクラッチでプログラミングをすると・・・

こんだけです。

たった、、、これだけ?

岡山市のプログラミング教室 スクラッチサンプルプログラム ボールを動かす1

 

で、

まずは、動かしてもらいます。

「あれ??」

横にしか動かん!!

っとなります。

さて・・・なぜでしょうか?

 

っと、いうところからスタートです。

 

岡山市のプログラミング教室 スクラッチサンプルプログラム ボールを動かす その2

向きの箇所、、、ここを注目

 

90度? または、-90度、、、となっております。

これだと横方向にしか進みません。

跳ね返っても、向きが180度変わるので、同じです。

 

っと、、、小学生に説明して、わかるでしょうか?

 

「きっと、3年生か4年生にならいと、、」

角度って何??」ってなることでしょう。

 

だから、小学校3年生くらいから、はじめませんか?

っという理由でもあります。

 

X座標、Y座標とか、、、

大人でも、、昔したんだけど・・・縦がYだっけ?

みたいな人もいますよネ。(私も使ってないと、よく間違えました)

 

余談でしたね、プログラミングに戻ります。

 

次に、「どうやって、解決しようか?

っとなるわけです。

 

そこで、最初に1回だけ?

ちょっと向きを変えてみましょうか?

 

ということで、最初に「15度回す」にしてみました。

岡山市のプログラミング教室 スクラッチサンプルプログラム ボールを動かす その3

他にも、「15度に向ける」といったブロックがあります。

この違いは、試して下さいネ

 

「15度回す」方が、動かす都度、角度が変わっていきますよね

「15度に向ける」は、15度の方向に向けて動き出すのですから、

止めて、動かしても、同じ向きに、必ず動きだしますの、動き的には、面白さに欠けます。

 

といった感じに、試してみる。

 

あれ?なんでだろ?

っと試してみる。

 

簡単にトライ&エラーができるのですから、

試さないと、面白くないです。

 

この辺りが、暗記する授業との違いになるのに・・・

トライ&エラーが繰り返しできるのですから、

教えてもらうこと、自分でも試すこと、

 

答えを教えるよりも、ヒントを与えて、トライ&エラーをしていく

大人でも重要なことです。

 

プログラミングのお仕事をされている方は、解るかと思いますが、

作っては、検証するの繰り返しです。

 

最初は少し作っては、、、繰り返し、、、

でも、OKです。

 

ただし、慣れてきたら、やめて下さいネ。

机上デバッグで終わらせるように、していきましょう。

記述したソースコードをじっくり見直して頭の中で流して下さい。

 

検証は完成後にテスト時間を十分とって、

行うようにしていけば、効率的です。

コンパイルするプログラミング言語だと、記述ミスでエラーになりますよね

デバッグ機能なども含めて、開発環境の重要さがわかることでしょう。

 

最初は誰でも不安ですので、少し作っては動かし、また、ちょこっと作って・・・

の繰り返しになります。お仕事では、無駄な時間になりますので、

慣れてきたら、、、って感じで、よく言ってました。

 

とはいえ、このボールを動かすプログラミングでも

はじめて、JavaとかJavaScriptで作ると、大変なことになることでしょう。

記述ミス、何で? 動かないの?

コンパイル、ビルドでエラーばかり・・・

最初は、記述していくだけでも大変です。

 

で、ここから先は、、、

 

岡山市のプログラミング教室 スクラッチサンプルプログラム ボールを動かす その4バーを作って、、、

打ち返してみましょう。

といった感じで、テニスゲームっぽくしていきます。

 

下についたら終わりでもいいし、

ライフカウントを持たせてもよいでしょう。

 

 

で、、最終的には、、、

 

こんな感じにもできます。

マネして作ってもいいですが、マネする場合は、理解するようにしましょう。

 

プログラミングコードを見て、

あれ?

何でこんなことしてるの?

っと、考えてみて下さい。

 

中には、、、

 

あれ?

これだったら、こんな感じにもできるけどなぁ~

ってなることもあるでしょう。

 

それも正解です。

より効率的なロジックに変えてもOKです。

思い通りに動けば、それが正解

 

わざと、間違て作って紹介している人はいませんから

その時は動いていた。とか、作った時の、動作環境ではOKだった

だけど、環境が変わると、、、といった感じです。

 

「このサンプルでも」

「うまく動作出来ないところがあります。」

 

別にわざと作ったことじゃないですけど・・・

一部、もう少し考慮すりゃよかったな~

って感じの箇所もあります。

 

あくまでも、

ロジックとか、デキルことの確認の意味で作ったわけですから、

って、言い訳っぽいですけどね・・・

 

おかしいなぁ~って思ったら、

作り変えて頂ければよいでしょう。

 

角度の問題だと、

こんなのも出来ます。

算数の問題として、出されても面白いでしょう。

これは、6年生~中学1年生くらいに出すと、面白がって作ります。

 

中学生でsinとか、cosを習うんでしたっけ?

もし、

習ったら、円を描くプログラミングとして

sinとcos を使って描画しても面白いでしょう。

 

点を描いて、その点を線で結ぶとか、

どのくらいの角度で点を描くと、円に見えるか?

とか、、、

 

Scratch でも、sin関数、cos関数が使えますので、

X座標、Y座標の値として、描画していくと円になります。

 

 

いろいろ算数の問題として、プログラミングを活用すると

算数の勉強にもなることでしょう。

 

プログラミングが少し解ってくると、

ExcelのVBAを使って、百マス計算の表を作って子ども達に

競争させたりできます。

 

わざわざ作らなくても、縦10個、横10個程度なら

手書きでも、作れるわ(笑)

って、、、言われそうですが、プログラミングの練習としてのお話です。

 

PC

デル株式会社

Office 365

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

セキュリティソフト

マカフィー・ストア