スクラッチ(Scratch)でタイピングゲーム作成~改良版~

前回紹介したタイピングゲーム簡易版の続きです。😛

いろいろな仕組みで作ることができます。

どのようなロジック、仕組みで作っても、間違いではありません。

以下の内容にしています。

単語対応、文字列判定を追加

終りに「Enter」キーなし

タイピングされたキー毎に判定を行い。
正しいキーが入力されるまで、正解となるまで、繰り返します。

岡山市北区のプログラミング教室 Scratch タイピング練習 9

変数:「回答」に、1文字毎追加していき、「もんだい」と合致するまで判定を繰り返します。

イメージ的には、

「もんだい」が、「ABC」であれば、

「A」と入力されたら
「回答」=「A」

次に「B」と入力されたら
「回答」=「AB」

次に、「D」と入力されたら
間違いなので、「回答」=「AB」のまま、

正解である「C」が入力されるのを待つイメージです。
「ABC」となった時点で、次の問題に進みます。

文字列の操作のプログラミング例としてもよいかも知れません。
正解したタイピング数、間違った数など、カウントするなど、

いろいろと、拡張できます。

事例も多いので、参考書的な本⇒スクラッチプログラミング事例大全集

プログラミングには、正解、不正解はないとも考えられます。😅

当然、資格試験などもあるので、よりよいロジック、手順は求められますが・・・どのようなロジックで作っても、動きますので、正解となります。(正常に動かないモノは別ですが・・・)

ただ、出来上がった成果物が、「よりよい?ロジックであるか?」「最適な手順であるか?」を再度、見直していくことでスキルアップになっていきます。

参考にされているプログラミングコードであっても、見直してみると、違うロジックが出来上がるかも知れません。でも、元のコードは間違いでもなく、もっとよい手順が考えられたということになります。

お問い合わせ

TEL:086-206-5592

WEB:WEBから

岡山でパソコン・スマホの基本スキルを学ぶなら、岡山市北区のパソコン教室「キュリオステーション岡山店」へ、通いやすい仕組みの料金設定も魅力的だとよく言われます。

また、同じ料金設定で小中高生も大学生も大人もスキルアップできる初心者向けのプログラミング教室、子ども向けの知的好奇心を育むロボット教室マンツーマン個別レッスンの英会話教室もしています。

タイトルとURLをコピーしました